犬の目の病気が発症する原因と対策

目について

犬の目の見え方は少々人間と異なりますが、それでも人間の目と近い構造になっています。その犬の目ですが、もちろん注意しないと病気になってしまいますので注意です。どの犬でも発症するわけではないですが、行動がおかしい場合は注意です。

目の病気について

犬の目の病気は結構様々あります。人間でも発症するような目の病気もあれば、犬特有の目の病気もありますので注意が必要です。そしてわりと注意して欲しいのが犬種特有の目の病気です。そのような病気がありますので、よく考えて目の手入れなどをしないといけません。
犬種特有の目の病気は結構多くあります。例えコリーアイというコリーとシェルティーに見られる目の病気などがあります。また目の大きいチワワやパグといった犬で発症しやすいのが涙やけといった病気です。このような病気がありますので注意が必要です。中には、失明までする重たい病気までありますので犬の行動をしっかりと確認するようにしてください。

目の病気の特徴

基本的に目の病気の特徴としては目の色が変わるのがあります。中には全く変わらないものもありますが、何かしらの合図となるものがありますのでそれを探しておくと良いでしょう。犬を見て何か違和感がある、動きがぎこちないといった行動をする場合目の病気であることがありますので注意です。
視力が徐々に奪われることもありますが、いきなり無くなってしまう目の病気もありますので注意です。そのような病気になってしまうと犬自身もかなりパニックを起こすことになりますので飼い主と落ち着かせるようにしてください。

原因と対策について

目の病気の状態にもよりますが、原因で主に多いのは食生活、何かしらの外部からの衝撃、先天性的なものが多いです。特に上記でも説明した先天性の病気で怖いのが多くありますので犬種によってはそちらを注意が必要です。
対策としては人間と同じように早期発見早期治療が一番良いです。特に早期治療を行わないと徐々に視力を奪われていくので対策をしないと犬自身生活が困難になりますのでできるだけ早い対応をするようにしてください。
ちなみに、病状によって原因によって対策が変わることがあります。うまく正しい対策をしないと犬の目の病気の対処をすることが出来ない場合がありますので注意しましょう。

目の病気は人間もあり、犬と同様発症するかはわかりません。気がついたら深刻な状態になっているということもありますので、犬の行動に違和感がないかを確認して対策をするようにしてください。
いつと歩き方が違うという場合、何らかの問題があることがあります。足や腰の場合もあれば、目の病気の場合もありますので注意して犬の生活をみるようにしてください。そして獣医に相談をしてより良い対策をするようにしましょう。場合によっては目の状態が悪くなる前に治療をして回復することが出来る場合があります。ですから、早期発見早期治療を心がけるようにしましょう。