症状別に知っておこう!犬の目の病気について

犬の目の病気ですが、種類がたくさんあります。
ここでは特に多い症状にフォーカスをあてて、原因と対策について一緒に勉強していきましょう。

(1)流涙症(涙やけ)

これは、多くの飼い主さんが悩んでいる症状の1つです。涙がまぶたから流れて着色したように見えてしまうことで発見されることが多いです。

顕著に出る症状は、目やにが鼻の横を汚したり、ひどくなると、その部分に発疹が出来ることもあります。放っておくと悪化していく一方で、目を激しくこすったり掻いたりして、角膜潰瘍を併発する事もあります。犬の流涙症は目や鼻の病気が原因の場合の場合もあって、角膜炎(かくまくえん)異所性睫毛(いしょせいしょうもう)結膜炎(けつまくえん)眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)鼻涙管狭窄(びるいかんきょうさく)又は鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)などの場合は目から鼻にかけて涙を流すのですが、目から鼻までのパイプが細かったり、塞がっていたりすると逆流して流涙症の症状が出ます。

こうして見るだけでも「何となく目から涙が出ているけど、元気だしそのままでいいわ」とそのままにしている飼い主さんもいるかと思います。ですが、悪化すると怖い病気なので、放っておかずに動物病院で診てもらうことをおすすめします。

次は、対策についてです。

対策はまぶた目頭辺りを清潔にし、涙をこまめにふきとってあげましょう。そして、この病気は身体に原因があることも考えられますが、フードに入っている添加物が原因の場合があります。今あげているフードの成分を見直してみて、犬にとって悪いものが入っていないか確認してみましょう。目やにが多い場合、ハサミで毛をカットして通気性を良くして、清潔にしてあげましょう。それでも解決しない場合は、涙腺などに原因がある可能性が高いので、診察を受けましょう。

(2)白内障

白内障は、目の一部や全体がが白っぽく(白濁)なってしまい、網膜に光に反応しなくなった結果、視力が低下する病気です。
症状は、柱や壁によくぶつかったり、今まで平気で通っていた所につまずいたり、おやつが目の前にあるのに鼻で必死に探したり、物音やスキンシップにも大げさに驚くようになって、何かにおびえるようにもなってきます。目が見えなくなってくるので、びくびくしてしまうわけです。なので、おびえた結果、性格にも変化が見られる場合もあります。

症状の初めは目に白く小さなにごりが現れ、それがだんだん範囲が広がっていき、、少しずつ視界狭くなり見えにくくなっていきます。人間の白内障とはぼ同じ症状と考えて間違いないです。

実際の治療ですが、発見が早く軽度の場合は点眼薬や内服薬によって病気の進行を防ぐ治療をしていきます。重度の場合、薬などで元の目に回復することは難しいので、視力回復を求めた場合、手術が必要になります。手術は眼内レンズを入れますが、白内障の発症が老犬になってからの場合が多く、麻酔のリスクがあるので、手術をする飼い主さんは少ないのが現状です。

仮に手術をした場合人とは違い、術後のケアが難しいので、獣医師とよく相談しましょう。

代表的な2つの犬の目の病気を紹介しましたが、どちらも「早期発見」が治療への一助となります。
日ごろから愛犬の様子をしっかり観察して、毎日を健康に過ごせるように手助けをしてあげましょう。