犬の目の病気と症状|原因と対策・予防法について

犬の目の病気についてですが嗅覚が非常に優れているため犬の視力は元々弱いと言われています。

犬の目の病気に掛かっていたとしても飼い主が失明に至るまで気が付かないことも良くあるそうです。なので、愛犬の目の周辺は毎日注意深く観察してあげることが大切になってきます。

では、犬の目の病気の症状にはどういったものがあるのでしょうか。

●犬の目の病気の症状や原因について

犬の目の病気の症状は赤黒い目やにが拭き取っても常に付着して目の下や鼻の周りに黒ずんで広がっていたら流涙症と呼ばれる涙やけの可能性があります。

涙やけは犬の目の病気の初期に現れやすい症状で涙の脂質成分が毛に付着し、空気に触れて酸化することによって固まって変色します。

また、涙やけは主に以下の2つが原因と言われています。

1,涙管の詰まり
2,食物アレルギー

涙管の詰まりは外部手術などで治りますが、食物アレルギーを含めてほとんどの場合は食生活を見直すことで改善することができます。ですが、涙やけの症状をそのまま放置しておくとバクテリアが増殖して2次的な犬の目の病気「結膜炎」を起こすことがあります。

結膜炎の諸症状は目が充血して涙やまばたきが多くなってきます。結膜炎の原因は涙やけなどの疾患によるものやゴミや花粉などの外的要因で発症します。

結膜炎の治療方法については症状により目の洗浄や感染症治療や炎症を抑えるための点眼薬や軟膏などが病院で処方されます。

次では犬の目の病気の対策と予防法についてご紹介します。

●犬の目の病気の対策と予防法

すでに2次的な結膜炎などの炎症が見て確認できるまで進行している場合は動物病院で診てもらうことが先決です。ですが、涙やけのような症状は適切な対策を取れば犬の目の病気の予防に繋がりますし治すこともできます。

■涙やけの正しいケア方法

涙やけの毛に付着した脂質成分が酸化して固まったまま放置してしまうと不衛生なのですぐに拭き取ってあげてください。拭き取る際はコットンなどの綿に水かお茶を含ませて固まった被毛を柔らかくしてからキレイに取り除きます。

また、目の周りの被毛が目に掛かっていたりする場合は刺激で涙目になるのでカットしてあげると涙やけの予防ができます。

■食生活の見直しで万全の対策を

犬の目の病気に掛かる犬と掛からない犬の決定的な違いは生活環境が大きく関係しています。その中で最も大きく影響を及ぼしているのが毎日2回以上は口にするドッグフードです。

犬の目の病気になりにくいドッグフードの条件は品質の良いお肉から摂れる良質なたんぱく質が主原料になっていることです。生物学的にはお肉の割合が50%以上は含まれていなければ良いドッグフードとは言えません。

栄養価の高いドッグフードを毎日食べることできれば免疫力の源である基礎代謝が常に高い状態をキープすることができます。その状態が犬にとって最適な体内環境なので犬の目の病気とは無縁の健康体になれます。

ドッグフードを切り替えたら犬の目の病気に悩まされなくなったという事例は多くあるのでぜひ試みてください。