自宅でも出来ることはした方が良い犬の涙やけ治療

犬の涙やけの原因

犬の涙やけの原因は実はいくつもあります。その中で多いのが、食事の問題、手入れ不足、先天性、病気、生活などがあります。それぞれで対処のやり方が異なりますので注意が必要です。

自宅でした方が良い涙やけの対策について

自宅で出来る涙やけに対する対策をすることが出来ます。これをすることで犬の涙やけの対策が出来る、とはいかないので注意です。なぜそうなるのかというと、犬の涙やけには原因があり、その原因によってはこれから紹介する方法では効果が出ない場合がありますので注意しましょう。
まず、方法の1つ目としては目の周りの手入れです。主に手入れをすることで犬の目は守られて問題となる涙やけの原因を防ぐことが出来ます。特に汚れやゴミを取り除くことで涙やけになりにくくすることが出来ます。
涙やけなどに対応しているペットグッズを使用することで対策することが出来るかもしれません。犬の方も視界が良くなりとても喜ぶ場合があります。

2つ目の方法としては食事の見直しです。涙やけの原因の1つに食事が関係していることがあります。添加物や犬にとって良くない成分により涙やけを発症していることがありますので、食事環境を変えることで治る場合があります。
ですから、ドッグフードの選択が結構重要です。ただし、注意して欲しいのがその選択が難しいことです。特に考え無しで選択をしてしまうと犬にとっては前よりも悪くなることがありますので注意しましょう。

3つ目にストレスをしないようにすることです。犬も多くのことでストレスを感じます。それを出来るだけ散歩などで解消するようにしたほうが良いです。ストレスにより多くの病気が出てきますので、これはできるだけ解消するようにしましょう。
また、ストレスの原因が必ずしも運動不足だけとは限りません。生活環境にストレスを感じていることがありますので、その場合は家の状態を見直すようにしてください。
たばこやほこり、カビなどに注意しないと涙やけになりますので注意しましょう。

自宅の対処が無意味な場合

涙やけの状態によっては自宅で対策をしても全く意味がない場合があります。それが病気や先天性と言った状態です。
病気については、食事などで回復できる場合がありますが、病気の進行具合によっては犬の病院に行ってみてもらうことをおすすめします。薬を使用しないと治らない涙やけもありますので注意です。
そして先天性は、生まれつきの涙やけになりやすい体質の犬です。犬種でも結構涙やけになりやすいものがありますので、先天性は注意が必要です。
これの対策は手術などをして対策をする必要があります。愛犬の涙やけを完全に治したいなら獣医と相談をして対処をするようにしてください。先天性は治すことは出来ません。

このように自宅での対策ができることと出来ないことがありますので注意です。涙やけの治療を行い、犬が快適に暮らせるようにしつつ見た目を良くするようにしてください。