犬の涙やけの原因とメカニズムについて

涙について

涙は眼球を守るための薄い盾です。これがあることでゴミなどの外部からのものを防ぐことが出来ます。通常は涙が出ないものですが、危険があることで出てきます。
しかし、涙やけは涙が過剰分泌してしまうものです。これは解決した方が良いものです。

涙のメカニズム

涙の出るメカニズムは人間も犬もそうそう変わりません。ゴミや外部からの刺激により涙を発生させます。それにより、目のダメージを出来るだけ軽減することが出来ます。
それ涙やけが出てしまう主な原因が涙の過剰分泌によるものです。原因は様々ありますので、その犬によって異なります。その原因により涙を出したくないのに出してしまうことで目の周りが変色してしまいます。故に、涙の過剰分泌を抑えることで涙やけが治ったと言っても良い状態になります。間違っても涙が完全に出なくなるということは避けるようにしましょう。

犬を涙やけから防ぐための治療について

犬の涙やけを防ぐためにはしないといけないことがあります。例えば、目の周りの手入れです。涙やけの原因が異物などにより眼球に刺激が出ている場合はそれを取り除くことで涙やけを解消することが出来ます。
専用の機材や目薬などを使用して綺麗にすることで解決することが出来ます。しかし、必ずしもこれが原因ではないことがあります。
病気や先天性の状態があります。病気は結膜炎や角膜炎などがあり、それが原因になっている場合はその病気を解消しないと涙やけを治すことが出来ません。また、鼻炎や副鼻腔炎などのような病気の原因もあります。どのみち治療してその病気を解消する必要がありますので、それをしないといけません。
そして先天性は外科手術が必要になります。生まれつき涙を通す穴が開いていないなどの先天性が多く、これは外科手術以外での解消方法が現状ありませんので、手術を必要とします。
このような治療方法があります。他にも治療方法以外の直さないといけないことがあり、そちらを直さないと後々再発症をする恐れがある場合がありますので、そちらもしないと行けないでしょう。ですから、対応をよく考えてください。

意外なところから涙やけの原因になる

涙やけですが、眼球周りに気をつけていれば良いというわけではないので注意です。他にも涙やけの原因になることがありますので、そちらを解消する必要があります。
例えば、生活している家の中です。ゴミやホコリが貯まっていないでしょうか。涙やけを発症する犬種で結構多いのが目の大きな犬です。このような目の大きな犬はゴミが入って涙やけになることがかなりあります。故に、家の中が原因ということがあります。
ですから、それを解決するためにも掃除などをしっかりとして問題ないようにする必要があります。

犬が涙やけになる原因は様々あります。自分たちではどうしようも出来ない場合もあれば、結構簡単に何かをすれば解決する場合もありますので、愛犬を病気から守るためにもよく考えて対策をしてください。