犬の涙やけの原因と対処法について

犬の涙やけは目が大きく鼻が短い小型犬によく見られ、多くの愛犬家さんが悩まされている症状です。代表的なのはトイプードル、チワワ、マルチーズ、ポメラニアン、シーズーといった犬種です。

小型犬はそもそも器官が小さいという特徴があるため涙やけになりやすい体質でもあるんですね。犬の涙やけの主な原因は小型犬に多く見受けられるのを踏まえると明らかで涙を鼻腔へ通すための涙管を詰まりやすいことが上げられます。

涙の逃げ道が塞がれてしまうわけですからずっと涙目の状態が続いていることになります。そうすると涙が溢れ出てきて目の周辺に溜まり、被毛がバクテリアの繁殖によって変色して涙やけとなるというわけです。では、涙管を詰まらせる原因は一体何なのでしょうか?

次で詳しく説明していきます。

●涙管を詰まらせる原因

涙管を詰まらせる主な原因は老廃物によるものと医学的には言われています。老廃物の75%は大便にありますが、残りの25%は血中や器官など体のいたるところに溜まっていきます。

その老廃物を生み出すの元になっているのが食べ物です。犬で言うとドッグフードになります。安いドッグフードばかりを食べ与えていると老廃物が溜まり続けてすぐに涙管を詰まらせてしまいます。では、高いドッグフードなら大丈夫かというとそうでもないようです。

●高いドッグフードの罠

高いフードといえば一般的には1kg1000円~2000円のいわゆるプレミアムドッグフードのことを指します。我が子同然の愛犬のために体に良い物をということでプレミアムドッグフードを食べ与えている飼い主さんが増えてきています。ですが、プレミアムドッグフードだからといって安全だとは言い切れません。

有名なペットショップに置いてあるドッグフードは良いイメージがありますがお金が原材料費ではなく営業費に掛かっているかもしれません。人気で有名なドッグフードのほとんどが品質よりも営業努力によるものが比重を多く占めているので注意してください。

品質の良いドッグフードの条件は栄養価が高くて必要のない原材料が含まれていないことです。必要としない原材料の代表的なのが穀物、人工添加物、由来が分からないミールなどの原材料です。

●生活習慣の見直しについて

犬の涙やけの改善策として有効なのが生活習慣の見直しです。生活習慣の見直しといっても簡単で散歩などの運動を毎日してあげるだけです。

品質の良いドッグフードに切り替えたとしても以前から溜まった老廃物はそのまま残っています。その老廃物を体外へ排出させるには運動による発汗が一番効果的です。さらに腸の蠕動運動を促したり下半身の筋力強化によって排便もスムーズになるので腸内環境も整って免疫力アップにも繋がります。

●食事管理について

良質なドッグフードは目安量をしっかり守れば1日に必要な栄養素をしっかり補給することができます。ですが、ご褒美として別途トリーツやジャーキーの与えすぎると栄養過多になって老廃物を生み出す可能性が高くなるので注意してください。