トイプードルなどの犬種は特に涙やけを起こしやすいのですがそれはなぜなのでしょうか?

愛犬が涙やけになってしまうと『一体何が悪かったのか。。。?』というところが非常に気になると思います。そこで、まずは涙やけはなぜ起こるのか?そして涙焼け対策についても併せてご説明します。

1. 涙やけのメカニズムとペットクールの役割

涙やけは、目の周りが涙によって常に濡れている状態になることで、目の周りの皮膚に炎症を起こし、目の周りの毛の色が焼けたように濃くなってしまう、または抜けてしまう、といった状態のことを言います。ですが、これは原因があったことによる結果としてこのように涙やけとして現れているのであり、厳密な原因はもっと奥にあります。

涙やけの原因

その原因とは、犬の鼻涙管や涙管が詰まってしまったりして、詰まった部分に炎症が起き、鼻涙管や涙管をうまくコントロールできなくなることがほとんどです。その結果、出る必要のない涙が鼻涙腺から出続けてしまうことで、涙やけになります。

またそれ以外にも、トイプードルなどの目が大きくて鼻の低いタイプの犬種の場合、よく目にゴミが入りやすいので目に異物が入ったことによる角膜の炎症や、またなんらかのアレルギー症状で起こることもあります。

涙やけはパピー期からシニア期に渡るまでのすべての年齢で起こることがあります。涙やけになったら、まずは原因を特定し、原因を取り除くことが最も需要です。

 

1-1. 涙やけのお手入れに活躍するペットクール

実際に涙やけになってしまい、原因を取り除きながら他にやるべきこととして、目の周りのお手入れがあります。犬の被毛はデリケートですし、特にトイプードルなど毛が密集していて普段から被毛のお手入れも欠かせないタイプの犬種のために活躍するのが、ペットクールというシャンプーのいらないお手入れスプレーです。

通常、犬のお手入れスプレーと聞くと、単純ににおいを消す、汚れたところをきれいにしてあげる、といったイメージがありますよね。そのため、あまり目の周りには使えなかったりすることが多いですが、ペットクールの最大の特徴は、目の周りにも使えるという安心な点があります。

ペットクールの主成分は実は水なのですが、この水が、普通の水道水と違うのです。電解水で作られており、強アルカリ性です。通常の水よりもずっと粒子が細かいので、薬品を使用しなくても、犬の被毛汚れの奥深くまで浸透し、ごしごしとこすることなく、汚れや雑菌をするすると落とすことができます。また、乳化効果があり、被毛についた無駄な皮脂汚れまで、浮かせて落とすことができるという非常に優れた商品です。

ですから、犬が舐めてしまってももちろん安心ですし、犬用のケアスプレーにありがちな、独特の匂いもありません。パピー期の犬にも安心して使用ができるので、まだシャンプー慣れしていない犬にもピッタリです。

愛犬が涙やけを起こしてしまうと、原因の除去と共に、炎症を起こして荒れてしまっている目の周りの部分のお手入れが必要になってきますが、毎回水道水を使って湿らせたガーゼなどでケアするよりも、ペットクールをガーゼなどに染み込ませて優しく拭いてあげるだけで、雑菌や皮脂汚れを優しく落としてくれます。

ただの水だけでは、目やにや皮脂汚れがなかなか落ちにくいので、ついごしごしとこすってしまいがちですが、そうすると、逆に炎症がひどくなる場合もあります。涙やけのケアには、ペットクールのように薬品を使用せず、電解水でできた犬の体に優しいスプレーを使用してあげると、治りが早くなることが期待できますよ。

また、日ごろのちょっとしたお手入れにもささっと使えるので非常に便利でもあります。

涙やけを起こしているのに目の周りのケアを嫌がる犬や、シャンプーの苦手な犬にとって非常によい商品です。

【参考】

⇒ Pet-Cool ペットクール ボディケア 300mlスプレー

 

1-2.【参考】類似のケアならこちらもOK!

ペットクールはロングセラー商品なのですでに活用された経験をお持ちの方もいるかと思います。もし、ペットクールでも望んだ結果にならなかったときは商品の良し悪しということより、は商品とワンちゃんとの体質・相性の問題と考えられます。そういったときは速やかに商品を変えてケアしなおすようにしてください。なお、類似のケア商品の一つに犬用化粧水アヴァンスがありますので、お悩みの際はそちらも併せて確認してみてくださいね。

【参考】

ワンちゃん用化粧水【AVANCE(アヴァンス)】

 

2.まとめ

ワンちゃんはただのペットではなく、大切な「家族」の一員です。家族が困っているときは周りの家族がしっかりと助けて挙げるべきですし、その方が楽しく一緒に過ごすことができます。ぜひ愛犬の涙やけには飼い主さんがこまめなケアをしてあげてくださいね。