1. 犬の目の周りが赤い原因と、飼い主さんにできること

愛犬の目の周りがなんだか赤くなっている、どうしたのだろう、と思った経験はありませんか?犬の飼い主さんは愛犬の様子をチェックするとき、まず元気がよいかどうかで判断しますが、顔をよく見てみたらあれ、目の周りが赤くなっている・・・というように、愛犬とスキンシップを取っているときに二次的に異常に気が付くことも多いですよね。

犬の目の周りが赤いなどの、目の周りの皮膚の異常はなぜ起こるのでしょうか。まず、いくつか原因を挙げてみます。

  • 目に炎症を起こしている
  • アレルギー反応
  • 目の周りの皮膚病
  • 涙やけ

主にこのような原因が挙げられます。また他にも「外傷」によって傷になっているといった場合もあります。

まずは外傷以外のことが原因の場合どのように対処していったらよいか?についてお伝えしていきます。

1.1 目の周りが赤いときには原因別に対処を

まずは原因をはっきりさせりことが大切です。

「目の炎症」の場合

目に炎症を起こしている場合、目の中も赤くなっている・犬がしきりに目をこするなど、眼球に原因があることの判断がつきやすいので動物病院で目薬をもらってくるなどの対処をします。

「アレルギー」の場合

次に「アレルギー反応」である場合。これは涙やけと同じような症状になることが多いです。涙やけとはアレルギー反応によっても起こるもので、何らかの原因で鼻涙管や涙管が詰まり、涙をうまくコントロールできなくなった結果として涙が出る、という順番で起こります。涙が出続けた結果、目の周りに炎症を起こしてしまう症状です。

目の周りが赤くなったり、涙やけになったりすることが多いのがトイプードルなど目が大きくて鼻が低いタイプの堅守です。その理由は、目が大きいことや鼻と目が近いために鼻などの炎症からくる症状が出やすい、といったことがあるようです。

アレルギー反応や涙やけの場合には、やはり一度動物病院で診てもらうことが大切ですが、飼い主さんができるケアとして『目の周りを清潔にしてあげる』ということがあります。これは、皮膚病の場合にも必要なケアで、できれば水道水ではなく目の周りにも使えるような除菌のできる犬に優しい成分のケアスプレーなどを使い、ガーゼに染み込ませてこすりすぎないように優しく拭きます。

「目やに」の場合

目やにが同時に出ている場合にも、目やにというのは大体が細菌のかたまりなので、すみやかに取ってあげましょう。

「皮膚病」の場合

また、皮膚病の場合には愛車様から「塗り薬」を処方されることがあると思います。その際には、まず患部を同じように清潔にしてあげてから薬を塗ってあげるとよいです。

まとめ

愛犬の目の周りが赤くなったときには、まず原因が何であるのかを特定することが大切です。そして、患部を清潔にしてあげることが、飼い主さんのできる最大のケアと言えるでしょう。なお、こちらでお伝えした飼い主さんによる目の周りのケアであれば、ワンちゃんへの肌の負担を考えたとき『犬専用の化粧水』を活用するのがおすすめです。愛犬の目や皮膚全般をデリケートにケアして、ワンちゃんが日々楽しく過ごせるように飼い主さんがケアしてあげてくださいね。

【参考】犬専用の化粧水で目元のケアを

ワンちゃん用化粧水【AVANCE(アヴァンス)】