小型犬がかかりやすい病気について|原因と対策

小型犬がかかりやすい病気をご存知でしょうか?

愛犬といつまでも健康で長生きしてもらうためにも小型犬がかかりやすい病気をしっかりと把握しておく必要があります。把握できるとその後の適切な対策が簡単に見つけることができます。

●小型犬がかかりやすい病気

・がん
・心臓病
・腎臓病
・てんかん発作
・肝臓疾患
・糖尿病
・皮膚病

などの病気が小型犬がかかりやすい代表的な例です。

●病気の原因について

前途でお伝えした小型犬がかかりやすい病気の原因は大きく3つに分類されます。

1,臓器機能の低下
主に食べ物が要因して起こることが多く心臓病、腎臓病、肝臓疾患、糖尿病、がんを発症します。

2,アレルギー
アレルゲンになりえる原材料を毎日偏った食べ方をしていると発症しやすくなり皮膚病を起こします。

3,ストレス
生活環境の変化や運動不足が続くとストレスを感じやすくなり、てんかん発作を起こすリスクが高くなります。

以上の3つがそれぞれの病気の原因ですが、中でも1の臓器機能の低下による病気の死因の割合は85%以上を占めます。

次はそれぞれの原因の適切な対策方法についてお伝えします。

●1,臓器機能の低下の対策方法
臓器機能の低下は原因は食べ物によるものが要因ですが、中でも一般的に販売されているドッグフードが起因していると言われています。

その悪質なドッグフードには以下のような臓器機能を低下させる原材料が含まれています。

1,人が食べられない原材料
畜肉副産物、ミール、動物性油脂、~類、~など、といった具体的な由来が分からない表記は人が食べられないような危険な肉が使われている場合があります。

2,穀物類
コーン、小麦、米などの穀物類は消化しにくいので臓器に大きな負担を掛けるため機能を低下させてしまいます。また、穀物類を主原料としているドッグフードはたいへん多く存在しており、含有量の割合も高いため臓器機能低下のリスクも高くなります。

3,添加物
着色料、甘味料、保存料などの添加物も消化できないですし、臓器への負担は穀物類よりも大きいです。

以上3つを踏まえてドッグフードを活用する場合は選ぶようにしてください。

●2,アレルギー
アレルゲンとなりえる食べ物を継続して食べ与えるとアレルギーを発症してしまうことがあります。アレルギーを発症するリスクが高いのはお肉と穀物類の2つです。お肉の場合はチキンからラム肉に変えるなど定期的に切り替えてあげることが対策として有効です。

また、穀物類はアレルギーを発症するリスクが高いと言われている原材料なのでグレインフリーと呼ばれる穀物を一切使用していないドッグフードを選ぶようにしてください。

●3,ストレス
ストレスは与え続けると死亡リスクが比較的高い(全体の5%)てんかん発作を患うことがあります。犬がストレスを感じやすい環境は家族が増えたり夫婦仲が悪いなど心理的に負担が掛かる状況です。ストレス解消として有効なのが毎日の散歩や家族のスキンシップです。

●最後に

小型犬のかかりやすい病気の原因や具体的な対策についてここまでお伝えしましたがいかがでしたでしょうか?

大切な愛犬が病気にかからないために大切なことはいつも見守ってあげる姿勢だと思います。毎日注意深く見てあげるといつもと違うあなただけが感じ取れるシグナルを受け止めやすくなるので病気の対策にも繋がりますよ。