涙やけの症状を改善するために大切なこと

涙やけの症状を改善するために飼い主が知っておかなくてはいけない大切なことについてお伝えしていきます。まずはじめにお伝えしたいことは、あなたの飼われている愛犬の涙やけの症状がどういう状況なのかを把握することです。

涙目で目の周辺が涙やけによる変色だけなのか?それとも目が充血しているなど明らかに様子がおかしいのか?もし後者の目に炎症のような症状がみられた場合は動物病院で診てもらったほうが賢明だと思います。前者の涙やけによる被毛の変色だけなら湿らせたコットンで被毛を柔らかくして拭きとってあげて不衛生にならないようにしてあげてください。

涙やけをケアせず何もしないでいるとバクテリアが繁殖して2次的な結膜炎、角膜炎などの炎症を起こしてしまいます。ケアした後は食生活を見直すことで涙やけのほとんどが改善します。

●食の見直しによる涙やけの改善方法 (手作りごはん編)

犬の涙やけの改善でもっとも有効なのが手作りごはんを毎日食べさせてあげることです。市販のほとんどのドッグフードに使われている原材料は犬の体にとって良くないものが入っているので涙やけの引き金になります。

その点、手作りごはんの場合は原材料に何が含まれているのか明確だし人が食べられるものなので安心です。ただし、食べ与えてはいけないな原材料があるので注意してください。

●犬が食べてはいけない原材料

■ネギ類
野菜全般は体に良いとされていますがネギ類は中毒になるので食べ与えてはいけません。また、ハンバーグや味噌汁などにネギ類の食材を入れてしまうと食べてはいけない料理になります。
・ネギ
・たまねぎ
・ニラ

■穀物類
穀物全般は消化吸収が難しいので食べ与えないほうが良いです。米に関しては炊くことで消化吸収はしやすくなりますが与え過ぎはダメで多くても小ライス程度までにしてください。
・コーン
・小麦
・大麦
・米

■料理
小麦、香辛料、調味料が多く含まれている料理は食べ与えないでください。もちろん食べさせはいけない原材料が含まれている料理もダメです。
・カレーライス
・焼きそば
・チャーハン
・お好み焼き

●犬の体に良い栄養バランス

犬にとって体に良い栄養バランスは、
肉、魚など:5
野菜、芋など:4
炭水化物:1
の割合です。

犬にとって一番大切な原材料は肉や魚などに含まれる動物性たんぱく質なので5割付近を守ってあげると健康的だし涙やけの改善にとても有効です。また、野菜や芋には食物繊維が摂れて肉には入っていない栄養素が含まれているため栄養バランスが保たれます。炭水化物については炊いたご飯にも含まれていますし芋類や豆類にも含まれているのであまり気にしなくても補給することができます。

●ドッグフードで涙やけを改善する

手作りごはんは涙やけの改善に有効とはいえ毎日準備するのが難しい場合はドッグフードを活用してください。犬の健康に良い原材料と食べてはいけない原材料が分かると涙やけに有効なドッグフードの質が見えてきます。

中でもイギリス産のドッグフード「カナガン」は栄養士が動物性たんぱく質、野菜、芋類、炭水化物の配合を見直されているので犬の健康にとって理想的な栄養バランスが保たれています。

ですので、手作りごはんの代わりとしてカナガンはとても役立ってくれますよ。カナガンの詳しい内容については下記の公式サイトよりご確認いただけます。