犬の涙やけは餌の見直しからはじめてみませんか?

犬の涙やけを治したいのであればまずは餌の見直しから考えるのが最善の方法です。なぜなら、涙やけの原因の多くは餌が影響を及ぼしているからです。

原因を取り除いてあげれば愛犬の基礎代謝が上がって免疫力が蘇るので涙やけによる気になる目や鼻の周りのすぐに無くなってキレイになりますよ。私の愛犬も以前は涙やけで悩まされていましたが餌の見直しからはじめてみた所、2週間程度で元に戻ってくれました。

もちろん、目が充血していたりと明らかに様子がおかしいのなら2次的な炎症を起こしていることが考えられるので動物病院で診てもらったほうが良い場合もあります。ですが、目や鼻の周りが気になる涙やけ程度でしたら簡単に治りそうなのでぜひ餌の見直しを試みてください。

●餌が及ぼす悪影響とは?

餌について勉強熱心なあなたなら色々と調べられてご存知かと思いますが、餌によっては涙やけをはじめ犬の体に様々な悪影響を及ぼします。中でも一番危険なのが添加物です。例えば着色料、甘味料、発色剤、保存料、酸化防止剤、BHA、BHT、エトキシキ、アフラキトシン等などが代表的なものです。

また、これらの添加物の含有量が多いのが缶詰やレトルトのウェットタイプと半生タイプの2種類です。これらの餌は一般的な乾燥したドライフードと比べて水分量が多いため、酸化が進みやすいです。それを補うために多くの添加物が使用されている可能性が極めて高いんですね。

あとおやつとして定番のジャーキーは色を良く見せるためにたくさんの発色剤が含まれていることもあるので与えすぎは危険です。

●なぜ添加物が涙やけの原因になるの?

添加物がなぜ涙やけの原因となるのかと言うと不純物や老廃物をたくさん産出させるからです。

添加物は自然に存在しない物質なので犬の体は消化と分解がかなり難しいです。なので、添加物の多くは不純物や老廃物となって身体の全身に蓄積されます。涙やけは不純物や老廃物が鼻涙管などの涙管を詰まらせることによって起こることが判っているので原因そのものと言えます。

また、添加物が含まれた粗悪な餌を食べ与え続けると涙やけだけでは済みません。添加物の消化には臓器に大きな負担が掛かるため、消化器官に異常をきたします。すると免疫力が低下してがんを発症しやすくなったり、心臓病、腎不全といった致死レベルの高い病気に掛かりやすい体質になってしまいます。

涙やけは病気のサインとも言われているので早急に手を打つ必要があります。

●最後に

添加物は人間も口にしているから特別に悪いと思っていないかもしれません。ですが、人間の食べ物と違ってドッグフードに定められている原材料表記の基準が甘いので同じと考えるのは大変危険です。

また、人間と違って小型犬のような小さい犬種の場合はすぐに体に異変が生じます。涙やけもその異変の一つです。

添加物が含まれているかどうかは原材料表記を見れば明らかなので一度あなたが普段から与えているドッグフードを確認してみてください。餌の見直しが涙やけの完治のはじめの一歩となるのでぜひ検討してみてくださいね。