涙やけはそもそも何か

涙やけ発症について

涙やけは原因が1つではない症状です。どのような原因でなるかは犬によって異なりますのでまずは原因を探す必要があります。そして、それに対応した治療をすることで涙やけを解消することが出来るかもしれません。

涙やけの状態について

涙やけとは目の周りに出てくる跡のようなものです。見た目的に良くないのですがこれは涙の過剰分泌によるものであり、放置をしているよくありません。
涙が多く出て脱水症状になったり、目が腫れて痒みを出したりすることがあります。また、状態によってはそこから重大な病気に発展することもありますので注意です。
犬種によって涙やけの被害が異なります。広範囲で跡が残る犬種もあれば、そこまで残らない場合もあります。と言っても、ケアや手入れをすることで消すことができるので頑張ってみると良いでしょう。

涙やけの発症原因について

涙やけの発症原因はその個体によって様々あります。食事のバランスが悪いからといったものやストレス、ゴミや細菌が目に入ったなどの問題があります。また、病気や先天性のものもありますので注意が必要です。病気や先天性のものとなると医師との相談が不可欠になります。特に先天性は適切な処置をしないと涙やけが治らないので注意です。
病気の方に関しては涙やけをどうにかする前に治す必要があります。原因がそのままですと涙やけの状態が良くなっても再発症することになりますので元から断つ必要があります。
犬種によって涙やけを発症しやすいのがいますので注意です。チワワはもちろん、マルチーズなどのような目の大きい犬種が特に発症しやすいので注意です。

涙やけの治療方法

涙やけの治療方法としては、生活と食事の改善、ストレスの解消、腸内環境を良くするというのがあります。そして薬剤、手術による手段によって回復をすることも出来ます。
ケアや手入れによって治るケースもあり、目の周りを綺麗にするだけで問題を解決することがあります。その場合はこれからしっかりとケアをすることで涙やけを出さないで生活をすることが出来ます。

涙やけは治る症状か

涙やけは対象方法をしっかりとして治療に取り組むことで十分な治る症状です。特に涙やけの跡となる部分は専用のものを使用することで綺麗にすることが出来ます。ただし、原因が解決されていないと再発症する可能性が非常に高いので原因を追求して解決するようにしてください。
先天性となると手術をしてしっかりと対策をしないと涙やけを治すことはかなり難しいです。故に早めの対処するようにしましょう。

このように涙やけというのがあります。必ず発症するわけではないのですが、犬種によってまた手入れをしっかりとしていないと発症する確率が上がりますのでよく考えて対策をするようにしてください。
先天性のもの以外なら対策をすることで十分涙やけの回避をすることが出来るでしょう。また、治療をして無くすこともできるので頑張ってください。