トイプードルの涙やけに有効な解消法について

トイプードルはフランスで古くから愛されていて日本でも人気ですが涙やけに悩まされる愛犬家は多く見られるようです。

涙やけの症状を引き起こす要因は常に涙が出ている状態に気付かずに溜まった涙を放置してしまっているからです。溜まった涙ををそのままにしておくと被毛にこびり付いて固まり、やがて変色して涙やけの症状を引き起こします。

さらに放っておくとバクテリアが増殖して結膜炎、角膜潰瘍などを発症させる危険性が高くなります。対策としてはコットンで溜まった涙をこまめに拭きってあげることが大切です。

次にトイプードルの涙やけを根本的に解消する方法について解説します。

●涙やけの解消方法

トイプードルの涙やけは「お手入れ」と「ドッグフードの切り替え」の2つを実践することで解消出来ます。

1つ目のお手入れについては被毛が常に目に掛かっている場合はカットしてあげる必要があります。なお、カットした後に伸びて目に入る場合においては成長に連れて毛質が変わるためずっと切り続けないといけないという心配はありません。

2つ目のドッグフードの切り替えについては粗悪なドッグフードを選ばないということが重要となります。

●粗悪なドッグフードを選ばないために必要なこと

涙やけの予防と対策においてはドッグフードを選ぶ基準をしっかり定義しておくことは大切です。販売者側は色々な魅力的な言葉を使ってあなたに売り込みを仕掛けてくるからです。たとえ動物病院で売っているドッグフードだとしても関係ありません。

ドッグフードを選ぶ基準をしっかり定義しておけば上っ面のイメージ重視の言葉に惑わされることは一切無くなります。ドッグフードを選ぶ時の基準は以下の1点だけです。

・犬に不必要な原材料が含まれていない

犬が求める原材料というのは昔の祖先に当たるオオカミの時代から変わっていないので実は非常にシンプルです。

●犬に”不必要”な原材料とは?

犬にとって不必要な原材料は「穀物」です。穀物はトウモロコシ、小麦、米などが一般的で安価なドッグフードに多用されているのが現状です。犬はそもそも穀物を円滑に消化・吸収する体の構造を持ち合わせていません。

消化・吸収が苦手な穀物が体内へ侵入すると涙やけを引き起こす原因となる老廃物や不純物を体のあらゆる器官に蓄積させることになります。穀物以外では人工添加物も涙やけを引き起こす危険因子の一つです。

●犬が求める栄養素

犬に必要な栄養素とは何なのでしょうか?生物学的にはたんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、カルシウム、リンなどの栄養群が必要とされています。

中でも重要視すべき栄養成分は「たんぱく質」です。良質なたんぱく質は動物性の牛、豚、鶏などに多く含まれていて配合比率としては50%以上含まれていると生物学的には理想と言われています。なので、お肉の含有量が多めになるため1kg2000円程度のプレミアムドッグフードを選ぶのが前提となります。

お肉の含有量についてはパッケージの原材料表記に明記されている比率を見ればすぐに分かります。逆に原材料表記に含有量が明記されていなければ何かしら不都合があると判断してください。

●トイプードルおすすめのドッグフード

トイプードルにおすすめのドッグフードはペット先進国のイギリスで生まれたプレミアムフード「カナガン」です。

ペット先進国だけあって穀物や人工添加物といった不純物を生み出すような危険な原材料は一切含まれていないので毎日安心して食べさせてあげることができます。さらに、免疫力を高めてくれる良質なチキンやハーブも含まれているので涙やけ解消に最適なドッグフードですよ。